任意売却と残債の関係

アパート経営を失敗し任意売却残債

任意売却すると残債ってどうなるの?

メインイメージ

任意売却と残債の関係

住宅ローンを支払い不能になり、任意売却を選択した場合、住宅ローンの残債というのはどうなるのでしょうか。

任意売却をした後、残債はなくなりません。

ただ、任に売却前と違うのは、これまでどおりの金額で支払うということではなく、無理のない範囲で支払える金額を返していくということになります。

債権者によっては、任意売却の際に、残債の減額を考慮してくれる場合もありますので、支払いが残っても今までと同じように苦しいという状態からは脱却できるということになります。
参考元です。任意売却 残債

例を挙げてみましょう。

ローン残高が2300万円あり、物件の任意売却価格が1800万円、債権者によって債務の圧縮が考慮されて200万円を引いてもらった。

住宅ローン残債は300万円となりますね。

これまで、住宅ローンを毎月10万円以上支払い、ボーナス月に20万円など支払っていた場合でも、残債返済月2万円、ボーナス月なしなどにしてもらえたという例があります。

このように、住居を明け渡し自分が暮らす賃貸についての家賃、生活するための資金を差しひき、残債を支払っても余裕がある状態になれるということです。

任意売却の際に、債権者がどういった対応になるかによってもこの残債に関しては支払い金額等が違ってきますが、任意売却を行う前よりはずっと、楽になることは間違いありません。

Copyright (C) www.vonderjava.com. All Rights Reserved.

アパート経営を失敗し任意売却残債